コンビニに学ぼう!利便性重視の店舗デザインとは?

利便性重視の店舗経営ではコンビニが参考になる

消費者にとって利便性が高い店舗を作りたいというときにはコンビニを参考にすると合理的です。コンビニは気軽に必要なものだけを短時間で購入できるようにコンパクトに作られた販売店であり、商品購入における利便性ではトップクラスになっています。通路の幅を最小限にしつつ、ストレスがない範囲で商品棚を高めにすることで、狭いスペースの中にできるだけ多くの商品を陳列できるようにしているのが特徴です。また、店舗の入口近くにレジを置いて、必要なものを手に取ったらレジからすぐに外に出られるように設計されています。入口付近から商品を並べることで無駄な動きをせずに必要なものを買えるようにしているのも工夫です。また、倉庫と店内を壁一枚でしか区切っていないので速やかに品出しができるようになっているのも、陳列棚に並べる同一商品数を最小限にできる点で合理的になっています。

コンビニのシンプルさもまた重要

利便性を重視する上では店舗デザインをシンプルにするのも大切です。コンビニはデザイン上、消費者が長時間滞在するのは好ましくありません。スペースが狭いのであまり多くの消費者を店内に収容できないからです。そのため、長居をさせるように魅力的なデザインをしたり、ゆっくりと過ごせるスペースを作ったりせず、ただ販売に特化したシンプルな形に整えられています。このような工夫をすることで消費者の出入りを加速させつつ、顧客が店内で狭いというストレスを感じにくいようにしているのです。

閉店したコンビニや飲食店などの店舗の内装をそのまま使うことができる居抜き物件は、新たにコンビニや飲食店を始める際には初期費用を抑えることができるので便利に利用できます。