狭小住宅に注目!限られた空間を有効活用しよう!

狭小住宅ならではのメリットとは

住宅は一生を左右する大きな買い物です。住宅を建てるときは、資金計画をしっかり行う必要があります。土地の購入から始める場合、資金準備の負担が大きくなるかもしれません。しかし、狭小住宅を建てることによって、土地代を安くすることが可能です。また、駅の近くなど、便利な場所にマイホームを持つことも夢ではなくなるでしょう。また、固定資産税が安いほか、光熱費を抑えられるなど、極小住宅にはいろいろなメリットもでてきます。

縦の空間を有効活用しよう

極小住宅を建てるときは、縦の空間を有効活用する方法があります。三階建住宅がめずらしくない時代です。平屋や二階建で十分な居住スペースが確保できない場合は、三階建にするのもよいでしょう。二階建以上の住宅では、階段下を収納スペースとして活用することが可能です。場合によっては、地下をつくるのもよいかもしれません。居住空間を狭く感じないためには、吹き抜け部分をつくることも一つの方法です。

もちろん安全面への配慮が不可欠

限られた空間の有効活用には、思い切った設計も必要になります。実際、狭小住宅を建てた人のなかには、意表をつくようなアイデアも少なくありません。既成概念にこだわらず、住む人のニーズを反映するのがこれからの生き方といえるでしょう。それと同時に、安全面への配慮が不可欠です。たとえば、小さい子どもがいる家庭では、階段から落ちないために防御対策を行う必要があります。また、水回を一階につくる、同じ階内では段差をなくするなど、バリアフリー対策も考えておくことが大切です。

狭小住宅は15坪以下の土地に建築された家のことです。床面積を広くするため3階建てにするケースが多いでしょう。その分建築コストが高くなることも多いので注意しましょう。