予算に応じた設計をしよう!その起点になるのはどこ?

住宅設計は予算オーバーになりやすい

注文住宅を建てるときにはハウスメーカーや工務店と打ち合わせをして住宅を設計していくことになります。概ね希望の設計が決まったという段階で、業者にどのくらいの費用がかかるのかと聞いてみると、驚くほどに高くて困ってしまうことは稀ではありません。建築費用がどのくらいになるかを意識しながら設計を進めていかないと予算オーバーになってしまいがちなのです。これは理想を追求すればお金さえかければかなりの範囲でできるのが注文住宅の特徴だからです。業者としても高い家を建ててくれた方が利益も大きく、実績としても見栄えのするものになります。そのため、業者の提案を受けながらより良いものにしていこうとするとどうしても予算を超えてしまいがちなのです。

住宅業者選びが起点になる

このため、予算に応じた住宅設計をすることが注文住宅を建てるときには欠かせません。その起点となるのはどこかというと実は住宅業者選びなのです。住宅業者によって建築にかかる費用はおよそ相場が決まっていて、この業者なら4,000万円から6,000万円で建てられるけれど、あの業者だと3,000万円から5,000万円くらいで済むといった形になっています。業者によっては価格帯に応じたプランを用意していることもあります。その価格帯を参考にして、想定予算の上限を業者が示している価格帯の上限を一致させておくのが賢明な判断です。そうすれば基本的には業者の提案をたくさん受け入れたとしても予算内に収めることができ、納得してすぐに建築を依頼できるでしょう。

家の大きさと価格は、それなりに比例します。2000万の家は30平米ほどなら一般の住宅メーカーで対応できるケースが多いです。しかし首都圏では難しい場合もあります。